2021年5月16日 (日)

山越えた

Ia1a1780

一番めんどくさい標識灯まわりの塗装修正終了

あとはコーティングの半透明を吹き付けて
窓ガラスをはめ込んでいけば完成

もっとも、特急運用しかないであろうに、一体これは標識灯なのだろうか?
尾灯なんじゃないかと今更思うけどまあいいや
いつでも交換できるように、今回はライトレンズはゴム系ではめるとします

Ia1a1784

とりわけ、今回は金太郎塗りがパーフェクト

自分でやったのがにわかに信じられない、きっと小人のしわざだろう

 

Ia1a1786

マルーンの時は展望席後ろ窓の下に形式を入れましたが、
右ロゴとの中間に社紋がくるように、今回は戸袋窓下に配置

バランスがよくなりました

いきなり梅雨に突入しそうなので、また完成は2か月ぐらい先になりそう

 

 

 

 

 

2021年5月13日 (木)

標識灯

Ia1a1775

最後のヤマ場、標識灯

今回はおでこの塗分け後に取り付けですが、案の定難儀
前回より大振り感は否めませんが遠巻きに見たら分からないからいいや
模型から離れて時間が経ったため、やはり腕が落ちました

3001ringo

といっても設計図を見ても標識灯かなり大きいようで

 

Ia1a1777

塗分け幅は2000系とほぼ同じです

こんなのが走ったらかっこいいでしょうね

 

 

 

 

 

2021年5月 9日 (日)

佐久間象山ルート、たぶん

高社山のふもとから南を見れば、山ノ内町佐野から中野市街地にかけ
箱山を軸にぐるっと扇状地が旋回しています

一度やってみたかったのですが
平穏がかつて真田領だった頃、佐久間象山は殖産開発のために何度か訪れたそうですが
そのルートが、天領だった中野を通らず山越えして平穏へ入ったそうで

その道を辿って延徳から山ノ内へ歩いて入ってみたいなと

Tizu2
国土地理院3D地図を加工

たぶんそれがこのルート
延徳から更科地区を経て更科峠を越え、佐野へ入ります
草津街道の裏ルートだったとかなんとか

Dscf5526

延徳駅で降りて赤い矢印(更科峠)を目指します

Dscf5527

古道らしく、道端には庚申塔などが点在します

Dscf5530

更科地区にある高井船着神社
赤い矢印に舟つなぎの石(穴が空いている)というのがあり
延徳一帯が湖沼だったという伝説に結びついているのですが

この標高まで湖となると、実は朝陽駅あたりまで湖になってしまうという・・
ただ気になるのは、中野の旧市街地の南限はこの神社とほぼ同じ等高線までだったり
ほぼ同じ標高に「岩船」という名の神社があったり
謎です

Dscf5531

いよいよ山へ入ります

Dscf5537

中野市街地を望む
矢印の先に8500系が(わからん)

Dscf5539

楽勝と思っていましたが峠が遠い感w

Dscf5541

道が・・・

Dscf5542

これはいかにも車走行用の現代の峠道
象山の時代はもっと急坂をくねくねと登っていったルートがあったのでしょう

Dscf5544

サミット、更科峠に塔が
横には「享保」や「文化」の文字が

Dscf5546

目の前は佐野地区の扇状地
リンゴ畑が一面に広がります。ちょうど花が満開でした

Dscf5548

ここを開墾した先人の苦労が偲ばれます
静寂で美しい風景が広がっていました

Dscf5549

右奥が佐野地区の中心、縄文時代晩期(約3000年前あたり)の遺跡があり、
土器の形式から東北地方と交流があったそうです
矢印が湯田中駅

延徳駅から2時間30分ほどの行程でした

 

Tizu1
国土地理院3D地図を加工

こうしてみると、延徳から平穏までほぼ一直線でいけます 

 

きょうは横川にまたロクヨンの37号が来たそうですが

最近はすっかり鉄写真から離れてしまいました

413系が登場するまで、ヘルペスウイルスのごとく潜伏期が続きそうです

 

 

 

 

 

 

2021年5月 7日 (金)

スノーモンキーを探せ

400

小布施町の雁田山へ登山
登り慣れた人にとってはトレッキングレベルだそう

こんなに遠くても、2100系のミュージックホーンはよく聞こえてきます

 

 

 

 

2021年5月 5日 (水)

何年ぶりか、模型の日々

Ia1a1773

結局5月に入ってからは長野盆地から離れることなく、これで終わった
3000系りんごカラー化と、それに合わせて2000系のクリームも塗り直し
まさかまだNゲージの加工を続けるとは予想外でしたが


5月に入って車を変えたら
居住性が最悪で
山ノ内を往復しただけで肩が凝るとか

そんなわけで
115系を撮る気も起らず
新潟へ行く気も起らず

骨の髄までずくなしになってしまいました
直江津は遠いなぁ(涙)

 

 

 

 

«りんご色

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31